NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > 事業報告
フォントサイズ 

【ILove加賀ネット】が計画・実施したイベントの模様など事業報告です。

 

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 4月5日掲載>

■ I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 4月4日掲載>
【事業報告】
   
    写真
     左) 整地された囲いの中で咲く「高峰桜」の小枝。4月4日(土)14時写す。
       開花状況はおよそ8割くらいでしょうか? 満開はもうすぐです…(撮影
       した石川館員談)
     右) 北国新聞記事…「高峰桜」に善意の柵記事

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 3月31日掲載>

■ I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 3月31日【事業報告】

写 真ぺージ①

廣瀬幸雄氏 
    写真 左) 雪の結晶カップ&雪マーク入り「ネクタイ」の廣瀬館長(当時)
        中) 公式行事での「講演」
        右) 雪景色の「雪の科学館」 設計建築/ 礒崎 新 氏
                        *撮影…潮津 保 (北國写真連盟)

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 3月31日掲載>

廣瀬幸雄氏

 写真 その2
    左) 雪の科学館 ”桜„ 
    中) 中谷宇吉郎博士の二女芙二子さんプロデュースによる中庭
    右) 当地出身作家 「下母澤 類」さんを囲んでの会合に参加。地域の皆さんとも懇談を。
                ・    ・     ・    ・    ・
   ❄同館館員 石川さんのコメント・・・
     廣瀬館長さま、6年間お疲れさまでした。
     館長のご提案は、いつも新鮮で驚きのあるものばかりでした。お陰様で、私も少しずつですが成長する
    ことができました。また、お会いするたびにいつも明るく接してくださり、その優しさに大変感謝しておりま
    す。
    廣瀬館長のもとで働けたこと、そしてたくさん学べたことは何よりの幸せです。
    今までお力添えいただき、ありがとうございました。
    一層のご活躍をお祈り申し上げます。
                       =令和2年3月31日 雪の科学館・石川館員=

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 3月24日掲載>

[【事業報告】
  写真
   左) この日「23日)の柴山潟~白山
   中) 雪の結晶状況をモニター映像で見る大学生
   右) 館そばの「高峰桜」の現況
                             {撮影・雪の科学館谷川さん)
      

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 3月7日掲載>

【事業報告】
 時間を忘れて写真や昆虫図鑑から書いています。スケッチブックに書き上げたものを葉書サイズに縮小して印刷して見たりします。
今回の(中)(下)については養老猛司著のデジタル昆虫図鑑より書いたものです。スターウォーズや宇宙の機械的なものは、昆虫を参考にして創作されている。また、昆虫や生き物は人間が視覚的に感じる美しさであって、自然界で生きる虫の生き残りの知恵であり、生き残りの遺伝子です。
何枚も書いて自己満足に楽しんでいます
                =東川 敏夫=記

【写真】
  左) 蝉
  中) カワラゴミムシ(ケニア共和国 6~8mm)
  下) タマトタマムシ(30~40mm)

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 2月22日掲載>

【事業報告】
今日も日差しが多く、当地は「雪」の少ない日々が続きます。しかし、肌では少し
ひんやりと感じますが「空」は澄んでいて、白山頂上の「雪」はもいつもと変わら
ず美しく輝いています。
波静かな柴山潟に、とても穏やかな風景が広がっています。
「雪の科学館」と併設する場所にある「高峰桜」は、春の開花にむけて準備は万
全のようです。

   ~“冬„と ”春„との挟間を行き交う貴重な時期の、空気感を感じました~
                                  【雪の科学館】 新 佳織

【写真】
  左) 柴山潟に反映する「白山」の峰々(2月21日 正午前に撮影)
  中) 「高峰桜」現在状況)
  下) つぼみ膨らんだ「高峰桜」(昨年4月4日撮影)

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 2月16日掲載>

■写 真■

中谷宇吉郎「雪の科学館」に面する、柴山潟~白山の景観写真は都度発信していますが、今回は、福井市内の別角度から撮った「白山」をご覧下さい。
  左) 福井市月見町から見た「白山」 (写真左下の奥面)
  中) 上記場所から福井赤十字病院側へ進む一地点に、「特大の白山」が、ほんの数秒間、僅かな距離内で見えます。
  右) 足羽川沿い上流の彼方に、「白山」が展望できる箇所を見つけました。
       ~福井市内からも、夫々「白山」展望箇所があることがわかりました~

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 2月12日掲載>

【事業報告】
  今冬の当地はほとんど「雪」が降りません。好天の穏やかな日和が多くなっています。
  周辺のスキー場にも「雪」が少なく、スキー場にとっては大痛手です。
  昨年のこの時期、来館された学生さんが作った”雪だるま„が懐かしく思い出されます。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■写真
  左)館から見渡す「柴山潟」と彼方に「白山」連峰
  中)中谷芙二子さん監修による中庭
  右)「白山」
  ❄…今朝はかなり冷え込み、窓も道路もバリバリに凍りいよいよ寒波の到来かと思い
      きや、お昼を過ぎるころにはまぶしいほどの晴天が広がっていました。
      ~白山はより一層白く輝き、ご来館の皆さまからも感動の声が多く聞こえました~
                            ●写真コメントは同館々員 新 佳織さん

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020) 1月24日掲載>

[事業報告】
 昨年の会合模様と
 中谷芙二子さんプロヂュースによる雪の科学館・中庭

   写真
    左)・・・片山津地区会館ホール
    中)・・・中谷芙二子さんによる中庭
    右)・・・中谷宇吉郎博士による・”雪は天から手紙である〟掛け軸
           

 

   

  ■I Love加賀ネット情報 <令和2年 (2020)1月18日掲載>その1

【事業報告】その②…『雪の科学館』からの柴山潟~白山と”高峰桜„ 

 写 真
   上)雪の科学館から”柴山潟„~「白山」の眺望望
   中) “高峰桜„…北國新聞社「高峰桜」苗木の寄贈を受け、「つぼみ」が膨らみ始 めようとしています<昨年4月4日撮影分>。
   右) 加賀市新保町の「北浜建設」さんが「善意」の柵を作って下さいました。
     (北國新聞記事より)
                                
   〇写真…雪の科学館から眺望の「柴山潟」と「白山、それに「高峰桜」の苗木写真の感想<「雪の科学館・
         谷村館員の撮影と感想>➡今日の白山は、良いお天気に恵まれましたが、あいにく雲に隠れて
         見えません。
         今年は、まだ雪が積もらず、柵の中の‟高峰さくら„が、早めにつぼみが膨らみそうな気配です。

 

   

全部で 925 件が登録されています。[ 1-10 ]
[ 1] 2 3 4 5 次へ
 

 

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.