NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第111回 シルバー川柳

 

 

ベストセラーになっている「シルバー川柳」社団法人全国有料老人ホーム協会主催

  「シルバー川柳」の入選作、応募作から構成され、ポプラ社から発行されたものです。

   表紙に「誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ」と紹介されている。

 

 紙とペン 探している間に 句を忘れ

 起きたけど 寝るまでとくに 用はなし

 ガガよりも ハデだぞウチの レディーババ

 「いらっしゃい」孫を迎えて 去る諭吉

 歩こう会 アルコール会と聞き違え

 ボランテァ するもされるも 高齢者

 なぁお前 はいてるパンツ 俺のだが

 立ち上がり 用事忘れて また座る

 孫帰り 妻とひっそり 茶漬け食う

 孫の菓子 ひとつもらって 諭吉出す

 三月前 教えた将棋で 孫に負け

 手をつなぐ 昔はデート 今介護

 

筆者の住むマンションの住民(100戸)の高齢化は進み、一人暮らしの方もおられます。

コミニュケーションをとっていくためにも、「歩こう会」「絵葉書」「俳句」などの会を積極的に取り組んでいます。特にひとり暮らしの70歳以上の方には「お元気コール」毎日朝晩、管理人さんが電話で「お元気コール」を掛けることです。

 

昨年夏の猛暑日には集会室にクーラをかけ、開放しました。将棋や囲碁、読書など自由としましたが、利用する方は少なかったと思いますが、猛暑日でもクーラーをかけるのは「もったいない」「我慢する」で熱射病になった例もありました。

 

大事なことはお互いに目配り、気配りを住民が全員ですることです。核家族化した現在の家族構成を考えると、お互いの協力は住民同士がやらなければならないのも仕方のないことかもしれません。

 

時々やってくる孫や子供たちに、嬉しくて何でもOKの気持ちになったり、元気だと言いながら、薬の厄介になったり、物忘れが多くなったりで、悲喜こもごもの生活であるからシルバー川柳には、「身に覚えがある」ことばかりで、そのペーソスと笑いは高齢者にとっての生活そのものであり、楽しく、面白いもので覆い隠されてはいるが、よく考えると悲劇でもあります。

 

まだまだたくさんの句がありますが、日頃何気なくしている所作や、行動を見ると現実感がダブってきます。川柳の面白さや、風刺は生活の中に、誰もが思っていたり、してしまったりと、実体験があるからこそ笑うことができのではないでしょうか。

 

 

    団塊の世代は、高齢者の仲間入り、「田舎へ帰れば青年部」の川柳に象徴

    するように企業社会から地域社会(コミニティ)への生活を変化させなければ

    ならないとおもいますが、難しいことでもあります。「起きたけど寝るまでとくに

    用はなし」だけは避けたいものです。

 

 

2013年2月26日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.