NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第141回 春から初夏に

 自然環境の保全を図る活動 I  Love加賀ネット

 

 

風光り、若葉の季節がやってきた。

 

筆者の住むマンションの庭や周辺は、今まさに百花繚乱である。4月6日には「お花見会」
丁度それから2週間、前庭には八重桜が満開である。プランターには菫草やパンジーなど色彩り鮮やかである。少し歩くとそこには躑躅が揃い始め、そして花水木もこれからの出番をまっている。好天続き、20℃を超えると花も蝶も虫も動き始める。

 

4月20日は穀雨。

春爛漫から初夏の薫風を感じさせる季節に移っていく。自然の瞬間その瞬間が毎日めまぐるしく変化していく。紫外線が最も強くなる季節でもある。選抜高校野球を甲子園で観戦して日焼けをしているのに、散歩で更に焼けている。健康なのかと勘違いをしてしまうのだが。穀雨は字の通り田畑の準備が整いそれに合わせるように降る春の雨である。

 

穀雨の時期の七十二候は
初候   葭始生    葦が芽を吹き始める
次候   霜止出苗   霜が終わり稲の苗が成長する
末候   牡丹華    牡丹の花が咲く

 

DSCF6240                                 八重桜

 

DSCF6233 DSCF6241
パンジー、  菫草


              DSCF6238

花水木

                                                                                  (筆者撮影・転載不可)

 

 

花が咲き、蝶が舞、虫が蠢く。春というよりも初夏である。生活も衣更え、薄着になる。
七十二候は自然を実に具体的にそして現実的に表している。先人の自然科学の知識と知恵と生活習慣がマッチした日本の四季と日本人の生活そのものである。
先日も駅の構内に燕が巣作りをしているのを見かけた。殊のほか昨今では珍しい光景なのではないかと。季節的に清明 初候 玄鳥至(燕が南からやってくる)である。
都市部では、燕を見かけることも少なくなっているのではないだろうか。昔何でもない光景が貴重な光景になってしまっている。

 

上島鬼貫 『俳諧雅楽集』に「四季の月」について

春の月は、くれそむるより朧たちて物たらぬけしき。
(朧月は、幽に見定ぬ心、おぼつかなき心、昼は霞、夜は朧一物二名也。春の月、底面白き心、口外に花あるようにすべし、春宵一刻価千金の心持有べきよし。

「四季の雨」について
春の雨は、物こもりて淋し。
(春雨はものを生長する心、ほっと匂ひある心。

日々季節が変化していくことを、感じて生きていくことのできる幸福感を味わいたいものである。春から初夏へ。花や草木、風や日や月。旬の食生活、衣更え、生活の変化も季節の変化であり、日本人の知恵がそこにある。年を重ねてこそ味わえる自然空間なのかもしれない。

 

 

2014年4月20日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 

 

第140回 造幣局の桜通り抜け

 つなげる―「柴山潟回廊プロジェクト」-つながる心 

 

二十四節気を更に5日ずつの3つに分けた期間七十二候

春分 初候「雀始巣」雀が巣を構え始める 次候「桜始開」桜の花が咲き始める

末候「雷乃発生」遠くで雷の音がしはじめる

清明 初候「玄鳥至」燕が南からやってくる 次候「鴻雁北」雁が北へ渡っていく

末候「虹始見」雨の後に虹が出はじめる

4月10日~14日は「鴻雁北」雁が北に戻っていく時期。桜も北上し、葉桜になり

これから東北地方が満開になる。

 

大阪造幣局の桜通り抜けに今年も出かけた。爽やかな好天に恵まれ、桜鑑賞にはもってこいの日となりました。NHK、民放各社も桜の話題として取材に来ていた。夕方からのニスューに当然取り上げられて、その鮮やかさを映し出していた。全長560M、131品種、350本。明治16年に開放した通り抜けは、浪花の春を飾る風物詩である。

 

大阪造幣局の桜の通り抜けは11日~17日。今年の花は「松前琴糸桜」北海道松前町の浅利政俊氏が北海道松前で毬山家の庭にあった無名の八重桜の種子から作りだした桜です。花弁数は40~45枚で開花後は紅色から淡紅色になります。(独立行政法人 造幣局HPより)

 DSCF6196  今年の花「松前琴糸桜」

 今年の花「松前琴糸桜」

 DSCF6174①紅手毬 DSCF6190小手毬と鬱金②                                 

          紅手毬                      小手毬と鬱金

DSCF6231兼六園雨宿雨情枝垂

兼六園菊桜

  DSCF6222御衣黄  DSCF6206雨宿

            御衣黄                       雨宿

 DSCF6194御室有明

                        御室有明

DSCF6182②大提灯  DSCF6183紅時雨

大提灯                     紅時雨

 

DSCF6195数珠緋桜  DSCF6194御室有明

数珠緋桜                御室有明

 

DSCF6201大手毬  DSCF6205雨情枝垂  DSCF6221幸福

大手毬              雨情枝垂             幸福

DSCF6226笹部桜

                       笹部桜

(写真/筆者 転載不可)

 

二十四節気を更に七十二候にすることによって、季節感がぐんと近づくものである。特に日本人が四季を通して日本を愛してやまない自然の法則はここにある。花鳥諷詠、季節が移り変わっていく様を暦は見事に表現して、先人の知恵と感性とが集約されたものでもある。日々の散歩では、出来る限り草花を観賞し、鳥や虫を観賞し、風を肌で感じる。

美しく、優しい自然は有難いが、厳しくもあり、人にとっての有難くもない自然災害、地震や、水害や地殻変動等とも直面していかなければならない現実でもあります。

 

4月3日(2012)低気圧による暴風・高波 過去の重大自然災害37事例(日本気象協会)

 

4月15日以降から好天気の予報になり、ゴールデンウィーク辺りの日本の気候は安定するのではないでしょうか。五月晴れと風薫る季節。百花繚乱の花が咲き揃う季節になります。

 

当会の柴山潟桜周回廊プロジェクトも苗木から植樹でようやく3年です。10年、20年30年、いや50年、100年の歳月によって、その見事さを誇ることができるのではないかと思っています。そのような「桜満開」の光景の実現は次世代の人達に繋がっていく「夢」なのであります。

 

≪つなげる―「柴山潟回廊プロジェクト」-つながる心≫  まさにこの心なのです。

2014年4月13日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 

 

第139回  新年度は消費税増税スタートと桜満開近づく

              つなげる――「柴山潟プロジェクト」--つながる心                       

 

 

4月(卯月)日本気象協会の季節のことば36選は「入学式」「花吹雪」「春眠」です。

 

いよいよ消費税が4月1日から増税実施され、年度末の3月31日は駆け込み商品購入がTVで取り上げられて何か複雑な気持ちである。春の柔らかな温かい風が気持ちを舞いあがらせているようにも思えてならない。増税後の厳しい経済下落に直面する現実から逃れられない。エープリルフルーであって欲しいと思うこともたくさんある。せめても桜満開のこの期間に「癒し」をもらいたいものである。

 

選抜高校野球は古豪(京都)龍谷大平安対(大阪)履正社の京阪対決で龍谷大平安が勝ち初優勝。準々決勝に孫を連れて甲子園球場に行った。いつも散歩する服部緑地公園近くに履正社高等学校があります。そんなこともあり地元履正社を応援するために甲子園まで出かけた訳です。決勝戦はいけませんでしたが、近畿大会での勝敗通りに、龍谷大平安が勝った。決勝戦での力の差は投打ともにあったように思っている。

 

 

コピP1100014

中谷宇吉郎 雪の科学館✿ 【建築(設計)磯崎 新】

《今年も間もなくこのような満開に》

 

2)開花DSC07001

当会」の「柴山潟 ″桜„回廊事業」(植樹1年後に開花=平成25年4月18日写す=

*     *     *

甲子園では、孫と爺の二人連れを多く見ました。爺は孫に野球を教えながら、解説しながらも自らの野球少年だったころを思い出し、孫にその夢を託して見たいと考えながらの観戦なのだろうか。孫と一緒に甲子園で高校野球観戦は、孫が楽しいかどうかよりも、爺が孫と共通の行動をすることの幸福感の方が大きいのかもしれない。親なら駄目と言われる事でも爺だと全てOKだから、孫は確り要求する。爺はそれを楽しんでいる節がある。

 

小学生の子供仲間や野球少年クラブ、中学生、高校生など多くの子供たちが甲子園に来ていたのは嬉しい限りであります。野球中継がBS中心になり、サッカーとの人気を分けあうようになっているとはいえ、親はサッカー、爺は野球のような微妙な関係バランスがあるような気がする。子供の夢はどちらなのだろうか。

 

甲子園 選抜グッズで孫に負け (敏)

ザンバラ髪 浪花場所の ふれ太鼓 (敏)

 

大阪場所(三月場所)も終り、ザンバラ髪の遠藤が横綱、大関初挑戦の壁は厚く、全く歯が立たなかったようではあるが、この負けの経験が生きるのはそう遠い場所ではないであろう。横綱三人モンゴルではとの想いよりも、早く遠藤に強くなって欲しいの期待感が強いのではないだろうか。そして横綱へ。

 

風のまま ワルツ踊りて 黄水仙  (敏)

 

 

 

水仙

=2014年4月4日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.