NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第156回 「古代ロマン」 

学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動

 

 

 

連日の発掘ニュースは、古代にロマンをはせる人にとっては堪らなくワクワクする出来事ではないかと思う。最新から取り上げると、

 

「卜骨」

初期大和政権の首都とされる奈良県桜井市の纏(まき)向(むく)遺跡で、占いに使われた古墳時代(3世紀後半~4世紀初め)の動物の骨「卜(ぼっ)骨(こつ)」が初めて見つかる。

魏志倭人伝に3世紀中頃の倭の風習として「骨を焼いて卜を行い、吉凶を占った」記述。

纏向研究センター発表。(2015.1.30付 産経新聞)

 

「澎湖人」

アジア第4の原人「澎湖人」台湾沖の海底で原人の化石を日本国立科学博物館や台湾などの国際研究チームが発見した。北京原人などと骨の特徴が異なり、チームは「澎湖人」と名付け、北京原人、ジャワ原人、インドネシアのフローレス原人に並ぶアジアで第4の原人と結論付けた。発見したのは下顎の骨の右半分(長さ13㌢)。年代分析の結果19万年~1万年前の原人と分かった。北京原人(75万年~40万年)、ジャワ原人(約120万年~5万年)(2015.1.28付産経新聞)

 

「サキタリ洞」

沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で9000年以上前の成人の人骨を昨年12月に発見。(沖縄県立博物館・美術館)2012年に14000年前の人骨と石英製石器が揃って出土。骨と石器が揃って出土の例は国内最古。昨年2月には約23000年前~20000年前の人骨、国内最古の「貝器、9000年前の沖縄最古の土器等を発見している。サキタリ洞の発見に注目が集まるのは、年代の古さと日本人のルーツを考える上で欠かすことのできない「港川人」が発見された港川フィッシャー(割れ目)遺跡(八重瀬町)と約1.5キロの至近距離。

(2015.1.27.付日本経済新聞)

 

舒明天皇「滑谷岡陵(なめはざまのおかりょう)」か

奈良県明日香村川原の小山田遺跡、飛鳥時代中頃(7世紀中頃)の巨大な古墳の墳丘の一部と濠跡が見つかった。(県立橿原考古学研究所)一辺50㍍以上の方墳と推定され、蘇我馬子の墓といわれる石舞台古墳を上回り、飛鳥時代の最大級の古墳。規模や築造時期などから第34代舒明天皇の初葬墓で、滑谷岡陵の可能性が高いとみている。また、蘇我蝦夷の大陵説もある。(2015.1.16付 産経新聞)

 

「庚寅大刀 輝く黄金19文字」1400年前 福岡元岡古墳群

福岡元岡古墳群で出土した鉄製大刀(全長75センチ)西暦570年を意味する「庚寅」の文字など金象眼が施された19文字全ての露出に成功したと発表した。(福岡教育委員会)

2011年に出土した大刀で13年から刀を覆ったさびを手作業で落とす作業をしていた。

19文字は「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二□」□は「練」の可能性が高いと。

元岡古墳群は地方の豪族の墓と推定され、大刀は大和政権から下賜されたものもようだ。

 

 

この2週間の間にこれだけ考古学の記事がニュースとして出てくることも珍しいのではないかと思われる。人類誕生から日本人のルーツ、そして邪馬台国、大和王朝、飛鳥時代まさに古代ロマンである。考古学や古代ロマンに全くの素人ではあるが、邪馬台国や飛鳥王朝など思えば思うほど、推理すれば推理するほどに解らないし、解らないから面白いと。

 

たまたま、48年前に「日本漢文史」を受講した教科書(ガリ版刷り 猪口篤志教授著)が残っていて、それをワードに残そうと文章を打ち始めたためである。それが、進行具合が遅く、たまたま記事の時代と重なったことでもある。筆者の作業もまだこれからである。

 

雄略天皇(478年)「倭王武の上表」宋の順帝に使者を遣わす。その時の上表が日本からの漢文の始りである。と(現在中国に存在する)その日本漢文史の初期であります。

聖徳太子は漢文学の開祖である。

「伊豫道後温湯碑」596年、聖徳太子 伊豫道後温泉に浴す。約1420年前の聖徳太子の道後温泉のことである。604年17条の憲法。607年小野妹子、難波雄成を随に派遣す。

国書 「日出国天子、致書日没国天子恙無 云々」随の煬帝が激怒したと。

 

第34代舒明天皇は(629~41年)犬上君御田鍬、薬師恵日を唐に遣わす。(遣唐使の始り)舒明天皇は敏達天皇の孫で、用明天皇や推古天皇が蘇我氏の血を引いているのに対し、両親とも皇族という気高さを誇り女帝推古天皇の後を継いだ。

舒明天皇、第36代 孝徳天皇(645~54年)行幸に有馬温泉で入浴を楽しんだと。

そして

 

その時代に行基(668~749年)は、有馬温泉発展の基礎を築かしめることとなったと。

この行基による開湯伝説のある温泉として、山中温泉や、山代温泉も名前を連ねている。

開湯1300年の温泉である。日本人にとっての温泉の歴史も相当古いということができる。

 

時間がかかる作業ではあるが、一字一字に意味のある漢文学はその文字から読み取る様々な歴史的背景や歴史が動いていくさまが感じとれるような気がしている。

 

 

2015年1月31日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 

 

 

 

第155回「人の節目・出来事の節目」

まちづくりの推進を図る活動

 

 

新年明けましておめでとうございます。

本年も当コラムをご愛読頂きますようお願い申し上げます。

IMG_9159 ann P7 azMコピー    朝陽と白鳥の群れ 【写真提供/潮津 保氏】

 

「人の節目」

人には年代に応じた節目があります。誕生以来その節目に応じての祝事があり、且つ日本人の生活の知恵が根ざしております。そして長寿祝いは、還暦(十干十二支が一巡する)古希(人生七十古希稀なり)喜寿(七十七 草書で喜 七が3つ)傘寿(八十)米寿(八十八 米) 卆寿(九十)白寿(百から一を取ると白)百寿(百賀の祝い 百歳以上は毎年祝う)茶寿(茶を分解すると八十八の上に十が二つあるから)皇寿(皇を分解すると「白」「十」2つの「一」111歳)大還暦(120歳 還暦の倍)

日本人の平均寿命が伸び(男80.21歳、女86.61歳2013年厚生労働省調べ)男子が80歳超えた。65歳以上に団塊の世代が仲間入りし、人口の25%を越してきた。2043年には65歳以上の人口が40%になる予測で超高齢化社会になる。医療技術の進歩や再生医療の研究によって、現在の平均寿命が更に伸びることになる。平均寿命が米寿になっていることも何ら不思議ではない。

 

「企業の節目」

人生もそうであるなら、企業の周年の節目がある。2015年が創業から数えて節目の年にあたる「周年記念企業」調査 全国15万社 (帝国データバンク調査)

創業40周年(1975年/昭和50年創業)26101社 上場企業320社 最も多い。

10周年(2005年/平成17年創業)23101社  創業100周年(1915年/大正4年創業)759社  創業200周年(1815年文化12年創業)6社。

 

「出来事の節目」

第二次世界大戦、太平洋戦争終戦から70年 (1945年8月15日終戦)

日航123便墜落事故から30年(1985年8月12日)

阪神淡路大震災から20年 (1995年 平成7年1月17日)

オウム地下鉄サリン事件から20年(1995年3月)

 

様々な出来事は毎日どこかで起きているが、今年は特に終戦から70年が注目される事になろうと思う。憲法改正、集団的自衛権、靖国問題、日中関係、日韓関係、日米関係などが絡み合い、一筋縄ではいかない問題が山積みではなかろうか。謂わば、将来の国の方向を問われることになる、重要な年になることに他ならない。むしろ日本人一人ひとりが問われている課題でもある。

 

1月17日は阪神淡路大震災から20年。M7.3都市部の直下で起こった地震としては最大規模のものであった。この日は忘れられない日である。

そして20年が経過しても未だに後遺症として残されている問題も多い。更に20年の歳月が人は高齢化し、大震災を知らない若い人の中から忘れ去られていく阪神淡路大震災になってはいけない。

東日本大震災(2011年3月11日)から4年。東北地方太平洋沖地震はかつてない津波を発生させ、大きな被害が発生した。波高10M以上、死者・行方不明者18483人。福島原発等の人類の大きな問題を背負いながらの東日本大震災の復興はそう簡単ではないと思われる。阪神淡路大震災で20年であるが、それ以上の歳月が必要なのではないだろうか。

東南海地震がこの30年間の間に発生する確率が高いと云われているが、いつどのような規模で、どのように起こるかは予測できない。できないが、その準備や心構えはしておかなければならない。

 

DSCF0953

 

人の節目、企業の節目、様々な出来事の節目を考えると、人、企業、自然がその生きてきた時代を反映している。どれもが個別に切り離すことのできないものであり、人生の風雪があり、波乱万丈がある。何れにせよこの70年間戦争がなかったことの日本人の知恵を生かさなければならないと思う。

 

 

2015年1月6日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.