NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第182回 「鉄に命を吹き込んだ男 山田宗美」

<2016年10月5日(水)再掲載>

学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動<定款より>

 

 %e5%b1%b1%e7%94%b0%e5%ae%97%e7%be%8e_%e9%89%84%e6%89%93%e5%87%ba-%e5%85%8e%e7%bd%ae%e7%89%a9%e3%80%94%e5%8a%a0%e8%b3%80%e5%b8%82%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e8%94%b5%e3%80%95

 山田宗美 作 鉄打出兎置物

【加賀市美術館蔵】

◎<注> 上記写真は無断転載厳禁です

 

*     *     *     *     *

「鉄に命を吹き込んだ男 山田宗美」

 

土曜日はNHK番組「プラタモリ」を見る。テレビを見るのは唯一この番組だけであるが、たまたま続いて見たのが「凄ワザ」と云う番組で、これを見てビックリ仰天した。一つはこんな土曜日のゴールデンタイムで加賀市美術館が紹介され、洞口学芸員が紹介したのは「山田宗美の鉄打出の名工」山田宗美の技術力の凄さでした。

 

「鉄に命を吹き込んだ男没後100年鉄打出の名工 山田宗美展」が9月4日まで加賀市美術館で開催されました。番組内容は最新の機械技術では及びもつかない鉄打出技法。また、新進作家が挑戦するウサギの耳の長さの表現力はとても及ばなかった。最新のテクノロジーや分析、X線映像での調査でも、その薄さは「奇跡」と云わしめたとのコメントが実によく表現されたと思って見ておりました。NHK番組の良さでもあります。

 

thum_top_art1

         加賀市美術館 (同館ホームページより)

 

img_4749-1024x683

 

img_4750-1024x683

 

img_4758-1024x683

館内写真提供/何れも加賀市美術館

 

山田宗美を加賀市美術館の資料から引用しますと、明治4年(1891年)大聖寺藩御用の甲冑師の家系に生まれた。本名長三郎。父、宗光に象嵌・鍛金を学び、明治24年(1891年)20歳の時、「鉄打出」を創案した。その技法は、だれの目にも奇跡としか映らなかったと云います。

明治29年(1896年)日本美術展覧会、明治33年(1900年)パリ万国博覧会、明治39年(1906年)セントルイス万国博覧会等、国内外の展覧会に出品、受賞を高めていきました。大正5年(1916年)当時の芸術家にとっての最高の名誉である帝室技芸員に内定しながら、その発表を前に44歳の若さで世を去りました。

 

山田宗美は加賀市の生まれ、世界的な技術の鉄打出の天才芸術家として紹介されました。

 

こんな凄い人がいたことを知らずにいたことの恥ずかしさもありますが、NHK総合での番組の反響は大きかったのではないでしょうか。一枚の鉄板を打出技法で創作していくことの凄さ、頭の中に描かれている設計図に、まさに創造力と構想力の結集を謂わば「魂」を吹き込んでいく作業は天才だけにしかできないのではと思います。更にこうした技法も又その能力も祖先から受け継いだ遺伝子のなせることだと思っています。

 

とはいえ、技法と能力とDNAだけでは超えていくことのできない壁を打ち破る事が出来るには、苦心惨澹の失敗と努力と工夫そして気力があってこそ見いだせる光明ではないかと思っています。素人的発想ではありますが。

・     ・     ・     ・     ・     ・     ・

故郷、加賀市の出身の皆さん、帰郷した時は加賀市美術館に是非行って下さい。また、観光で訪れる計画のある方は、ぜひとも加賀市美術館にお立ち寄りください。加賀市は歴史と芸術、文化と白山と柴山潟は絶景で、見どころ満載の名所です。

 

2016年9月29日

NPO法人 I Love加賀ネット

事務局長  東川 敏夫

 

第181回 自分の身は自分で守れるか

自然環境の保全を図る活動 I  Love加賀ネット<当会定款より>

 

 

自分の身は自分で守れるか

 

七十二候は草露白。 二十四節気は白露(朝晩が冷え始め、草花に露がつきやすくなる。) 陰陽五行では白は秋の色とされている。

 

上島鬼貫(独りごと)で 秋の自然と風物をこうとらえている。

秋立朝は山のすがた、雲のたたずまひ、木草にわたる風の景色もきのふには似ず、心よりおもひなせるにはあらでをのづから情の動くところなるべし

鬼貫句選  「なんで秋の来たとも見えず心から」

昨日までと異なった風景、風、雲、朝の山のすがた。心より思わせるおのずから情が動く と。

 

九州、北海道そして台風10号の影響も大きく、ゲリラ豪雨で一月分の雨量を短時間で上回る局地的豪雨である。今年も猛暑日が続いているが、いきなりの台風と豪雨での土砂災害など、洪水が氾濫しての想定外で、農業等に大きな被害を蒙っている。

 

9月1日は防災の日。そしてこの週は防災週間である。9月5日関西圏では特に大阪は「大阪880万人防災訓練」として、午前11時03分に東南海トラスト津波訓練の一斉メールが入ってきました。前後して各府下の市の危機管理室からのメールが入り、この日は訓練とはいえ防災の日として緊張して毎年臨んでいる。

 

筆者が住むマンションは管理組合の防災意識が非常に高く、防災に対しての訓練や住民の意識付け、実践など防災委員会を設置して相当高いレベルで取り組んでいると自負している。結局、自助努力でどこまでやれるかである。

今年の防災展や行政の方向などを考えると、先ず避難所ありきのような感じがしてならない。避難所については少し後のことだと思っているのだが。先ず災害が起きたらどうすべきかを身を以て訓練しておかなければならない。住環境や様々な要素、要因が異なるので一括りにはできないと思われるので、現在の住まいの状況下でどうするかを皆で考える必要があると思っている。

 

 DSC_0218 (1)

 

災害は昼夜とはず襲ってくるので、夜間にも備えた対策を考えたり、様々な意見を集約してまとめ上げておく必要がある。自治組織もまたマンション管理組合にも少子高齢化が現実となり、問題は山積みではないでしょうか。人口減少と防災の取り組み方は相当大変ではないだろうか。

 

地域の自主防災組織を行政は推進しているが、一方で人口減と自治会組織への参加が減少し、寧ろ維持することが大変なことになっている。

 

東京一極集中が更に進み、地方創生は中々難しいと思っている。そう考えると、筆者が居住するマンションの防災に対する意識の高さは寧ろ感動ものではないかと思っている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■写真…LEDペンライト
防災訓練で室内で点灯することで無事を知らせる。
熊本地震など夜間での救援に対しこうした点灯で
知らせたり、笛も付いているので笛を吹くことで
所在を知らせることが可能なすぐれものだと思い
ます。筆者の住むマンション全戸に配布されてい
ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2016年9月7日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

(石川県加賀市出身)

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.