NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第186回 「赤穂浪士―俳人たちの忠臣蔵」その一

                     

               「赤穂浪士―俳人たちの忠臣蔵」その一

 

 

元禄十四年九月中旬、大高源吾(子葉)は、萱野三平(涓泉)箕面を訪れ勝尾寺、箕面大滝に遊ぶ。(元禄十四年九月中旬は現在の11月中旬なので季節的には丁度今の時期である。)箕面の山々は燃えるような紅葉が目に焼きついていたであろう。能勢街道を豊中(筆者所在地)箕面に向かってずっと上りである。そして西国街道にぶつかる。この元禄十四年九月中旬が重要な日である。

 

萱野三平記念館や上島鬼貫の年譜表には九月としか記述がない。が、大高源吾はおそらくその前日は京都山科に大石内蔵助を訪ね、吉良義央(吉良上野介)への仇討を確認したものであろう。(大石内蔵助は六月二十五日赤穂を去り、山科に向かうとある。)そしてこのことを箕面の、この年の四月に帰郷している仇討の一党に名を連ねる、赤穂浪士四十八番目の義士と云われる、萱野三平に伝えたのであろう。

 

 

元禄十四年三月十四日、「江戸城松の廊下」での刃傷事件は浅野内匠頭の切腹、お家断絶、赤穂城明け渡しの厳しい処分となった。赤穂浪士の討ち入り「忠臣蔵」である。

早籠で赤穂まで飛脚で8日掛るところ、4日で事件の第一報をもたらしたのは萱野三平である。この道中、西国街道沿いに実家、萱野邸前を通過するも、母親小満の葬列に出会うが、「一目母御に会っていけ」と同行の早水満堯に勧められるも「御家の一大事」と涙ながらに振り切り、赤穂に到着したといわれている。(亡母小満の百ケ日法要は六月二十八日に梅田・太融寺で行われた)

 

 

元禄時代は俳諧が盛んな時代で、東の松尾芭蕉、西の上島鬼貫と云われた。江戸俳壇の中心人物であった水間沾徳門下の大高源吾(子葉)神崎則休(竹平)萱野重実(涓泉)の赤穂浪士の技量は当時の俳諧人にも広く認められていたと云う。萱野一族にも兄重通など多くのすぐれた俳人が活躍したと云う。武士社会の江戸だけではなく、元禄の商人の町大阪俳諧も多くの俳人を輩出し、鬼貫、水田西吟、西鶴、そして近松門左衛門など元禄文化は上方でも大きく開花した。そんな元禄文化の光とお家断絶、城明け渡しそして仇討は幕府の影の部分であったといえる。武士と庶民、武と文の交錯した徳川幕府体制の確立をなしていく時代になってきていた。

 

 

また、赤穂義士には、多くの俳人が輩出された。

小野寺十内(俳号 里籠) 神崎与五郎(竹平) 原惣右衛門(来水) 茅野和助(禿峰)間重二郎(如柳) 寺坂吉衛門(万水) 吉田忠左衛門(白砂) 富森助右衛門(春帆)元禄文化は江戸、大坂のみならず全国に俳諧は広がりを見せていた。松尾芭蕉の「奥の細道」を見ればこのことはよくわかることでる。

 

萱野三平と箕面勝尾寺、箕面大滝で遊んだ大高源吾(子葉)は、桜塚(豊中市)に住む(落月庵を設けている)水田西吟≪新月の斧にちるらむ華のけふ 西吟≫又、井原西鶴は≪ここぞ萬句 俳諧名所の桜塚≫と詠んでいる。』や伊丹の鬼貫のもとを訪れる。箕面から能勢街道をずっと下りである。現在の豊中市役所(岡町)まで約6キロ、そして伊丹、猪名川を渡り昆陽池を過ぎると元禄の財が集まった酒造の町伊丹には、上島鬼貫が待っていた。鬼貫の年譜表にも九月、大高源吾(子葉)一泊する。と記してある。上島鬼貫は俳諧人であるとともに、藤原宗邇と云う武士である。交観句あり(「二ツの竹」)俳人としてまたこの日ばかりは、武士としての「羲」の思うにあったことと推察するばかりである。

 

萱野三平は仇討に反対の父重利に対する親孝行と、主君内匠頭への忠義の板ばさみが大きな重圧となり、元禄十五年一月十四日、自宅長屋門の一室で自刃し人生に終止符を打つことになる。

 

萱野三平辞世の句 「晴れゆくや 日頃心の 花曇り」涓泉   

萱野三平旧邸長屋門に碑があります。

大高源吾 「うら枯れや 餅にとどまる 桜つか」子葉    

豊中市にある原田神社境内に碑が建てられている。

 DSC_0282DSC_0285DSC_0294

 

この旧暦九月の二日間のことを戯曲「伊丹の秋」三幕 俳人鬼貫の生涯より 作・佐坂茂男(地域研究いたみ 第九号 別冊 第三幕) に書かれている。また、あとがきで書かれてはいるが、萱野三平が鬼貫を訪れたという記述はないとも書かれている。

 

たった、この二日間のことが「時は元禄十五年十二月十四日」赤穂浪士の討ち入りに繋がっていく。

 

 

 <次号へ続く>

記事並びに写真の転載はご遠慮ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【参考資料】 地域研究 いたみ 第九号 上島鬼貫年譜考(櫻井武次郎・安田厚子)

萱野三平旧邸長屋門・涓泉亭パンフレットより

 

2016年11月28日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 

第185回 「法人 I Love加賀ネット創立9年目に向けて」

つなげる――「柴山潟桜周回廊プロジェクト」―― つながる

自然環境の保全を図る活動 I  Love加賀ネット<当会定款より>

学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動<定款より>

 

 

「法人I Love加賀ネット創立9年目に向けて」

 

NPO法人I Love加賀ネットは2008年(平成20年)11月11日に設立。2016年 (平成28年)11月11日は9年目に入ります。

 

2008年と云えば米国第44代オバマ大統領が誕生した年でした。それから8年の歳月が流れ、11月8日に米国大統領選挙がおこなわれた。9日は日本でも開票速報が流れクリントンか、トランプかで接戦でスタートした。最大10ポイント差でクリントン有利の予想が大逆転でトランプに決まり、共和党が8年越しで大統領を民主党から奪取した。

大方の予想を覆しての大逆転の要因は解からないが、米国民の不満や変革を汲み上げることができなかったクリントンの戦略的敗北と云えそうである。ニュースを聞いているとどれもが本質でありはあるが、本音ではないような気がする。

なぜトランプが勝利したのか、それこそ勢いが流れを変えたと云ってもいいのかもしれないが、どう分析するのか、またどう対応していくのかが今後大きく影響してくる。アウトサイド トランプに期待する米国民、そして世界中が注視するトランプ米国次期大統領が誕生した。

 

NPO法人I Love加賀ネットは、この8年で様々な事業に取り組んできました。

中谷宇吉郎「雪の科学館」指定管理協同事業を中心として、春の歴史・文化をひもとくウォーキング事業、秋の爽やかウォーキング等の継続事業。また、柴山潟桜周回廊計画事業などの事業の運営や経済講演会(野村総合研究所 未来創発センター上級エコノミスト 佐々木雅也氏)等を主催し、故郷や市民の心に根差した地道な活動を実施することがNPO法人としてI Love加賀ネットの信用、信頼に繋がっていると確信しております。

 

更に推進していくこと

当会の基本理念として、加賀の自然資源を活かし「文化」「歴史」「科学」「教育」「まちづくり推進」の為の情報発信をしています。この基本的な考え方は、歴史と文化、そして恵まれた自然、柴山潟や白山は宝であります。教育、科学は未来に向けて更に発信していく創造の時代になってくると思います。

 

古くから北陸地方一帯を越の国と呼び古今和歌集では紀貫之が詠む

思いやる 越の白山しらねども 一夜も夢に越えぬ夜でなき

古から白山が詠まれ、そして未だその姿は雄大で、かつ心にいつまでも安らぎをあたえてくれるのは白山であり自然であります。

 

NPO法人I Love加賀ネットの目指していくものは、こうした自然や文化を大切にしながら、継続事業、新規の事業を展開し、当会の基本理念を地元の皆様と共に活動していくことができればと思っております。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2016年 (平成28年)11月11日

NPO法人加賀ネット 役員一同

事務局長 東川敏夫

 

 

第184回 「実りの秋とはいかなかったようで」

自然環境の保全を図る活動

 

「実りの秋とはいかなかったようで」

 

霜降から立冬、七十二候は「楓蔦黄」(もみじつた黄ばむ)7日は立冬で「山茶始開」(つばきの花が咲き始める) 12日からは「地始凍」(ちはじめておる)。

 

暦と気候も同時進行とはいかないようで、事業報告にも書いているように、白山頂上の初冠雪は11月2日、平年よりも16日、昨年よりも19日も遅く1902年の観測以来四番目に遅い冠雪のようです。気温が平年よりも高くそして遅くなっているので、秋の味覚は、豊作と思いきやどうもそう上手くいかなかったようなニュースが入ってくる。青森のリンゴが例年より小振りで、味覚には変化なさそうだが、どうも夏場の雨が少なかったのが影響しているとニュースは伝えていた。

 

筆者の居住の庭の柿三本とも休息の年のようで、残念な結果にも納得している。農業をやっている友人に聞くと前年にそうした状況にならないように手立てをしておくこと必要だと。

 

最近のニュースでは、熊に襲われて亡くなった方や、負傷した方が今年は非常に多いとのこと、熊のみならず鹿やその他の動物も団栗や木の実、そして餌となる植物が不作で、これまでよりも餌の領域が人間社会、生活の領域に入り込んできており、餌不足が原因と専門家は判断しているようです。

熊や鹿や猿等の動物は餌がなければ人間社会入り込んでくる。秋の味覚等と云っている場合ではなく、野菜の価格が2~3割も値上がりしているようである。

 

TPP(Trans-Pacific Partnership)環太平洋諸国が広域的経済連携協定。

TPP農業について衆議院で承認案可決。山本農水相不用意発言で混乱するも可決される。「食の安全」「日本の農業の将来」など釈然としないものがある。

 

米国大統領選挙が愈々行われます。ヒラリー候補女性初の大統領となるのか、トランプ候補になるのか、ヒラリー候補のメール問題でトランプ候補の激しい追撃を喰らっているようで、大接戦、大混乱で予測のつかない状況のようです。

TPPは両候補とも反対のようで、どのようになるかこれも分からない。結果は間もなく出るのだから。

韓国の朴大統領も機密情報漏洩事件で、支持率も5%に下落。日本は小池東京都知事の高支持率が続いているが、豊洲移転問題や東京五輪等の問題の方向処理を誤ると支持率にどう影響するのか?

いわば人気は一過性で、熱しやすく冷めやすいといわれている。

当欄NO179はミューヘン、サッポロ、ミルウォーキーCMの文章で、世界のトップリーダーは女性の時代と書いたが、まさか2カ月ほどで、特に韓国でのこの予想が崩れることになろうとは思いもしない状況になりそうである。予想はあくまでも予想なので、どうなるかは分からないし、そのことが良いのかどうかも分からない。

 

日本の人口は、1億2709万5000人で、2010年から96万3000人減少した。人口減少による様々な社会的変化、構造的変化の歪みが表面化し始めている。今のところ人口減は止めようがない。

日本の将来は、地方創生にありと思っているのだが、実に難解である。

実りの秋が続く期待感をもつのは当然なことなのだが、果実を得るためには不断の努力が必要であると。

 

%e7%89%87%e5%b1%b1%e6%b4%a5%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8b%e5%9c%b0%e7%82%b9%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

写真/加賀温泉駅から繋がる片山津温泉への道                             ~紅葉した木々の間を縫って~

=撮影11月6日=

 

2016年11月7日

NPO法人  I  Love加賀ネット                                      事務局長 東川 敏夫

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.