NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第184回 「実りの秋とはいかなかったようで」

自然環境の保全を図る活動

 

「実りの秋とはいかなかったようで」

 

霜降から立冬、七十二候は「楓蔦黄」(もみじつた黄ばむ)7日は立冬で「山茶始開」(つばきの花が咲き始める) 12日からは「地始凍」(ちはじめておる)。

 

暦と気候も同時進行とはいかないようで、事業報告にも書いているように、白山頂上の初冠雪は11月2日、平年よりも16日、昨年よりも19日も遅く1902年の観測以来四番目に遅い冠雪のようです。気温が平年よりも高くそして遅くなっているので、秋の味覚は、豊作と思いきやどうもそう上手くいかなかったようなニュースが入ってくる。青森のリンゴが例年より小振りで、味覚には変化なさそうだが、どうも夏場の雨が少なかったのが影響しているとニュースは伝えていた。

 

筆者の居住の庭の柿三本とも休息の年のようで、残念な結果にも納得している。農業をやっている友人に聞くと前年にそうした状況にならないように手立てをしておくこと必要だと。

 

最近のニュースでは、熊に襲われて亡くなった方や、負傷した方が今年は非常に多いとのこと、熊のみならず鹿やその他の動物も団栗や木の実、そして餌となる植物が不作で、これまでよりも餌の領域が人間社会、生活の領域に入り込んできており、餌不足が原因と専門家は判断しているようです。

熊や鹿や猿等の動物は餌がなければ人間社会入り込んでくる。秋の味覚等と云っている場合ではなく、野菜の価格が2~3割も値上がりしているようである。

 

TPP(Trans-Pacific Partnership)環太平洋諸国が広域的経済連携協定。

TPP農業について衆議院で承認案可決。山本農水相不用意発言で混乱するも可決される。「食の安全」「日本の農業の将来」など釈然としないものがある。

 

米国大統領選挙が愈々行われます。ヒラリー候補女性初の大統領となるのか、トランプ候補になるのか、ヒラリー候補のメール問題でトランプ候補の激しい追撃を喰らっているようで、大接戦、大混乱で予測のつかない状況のようです。

TPPは両候補とも反対のようで、どのようになるかこれも分からない。結果は間もなく出るのだから。

韓国の朴大統領も機密情報漏洩事件で、支持率も5%に下落。日本は小池東京都知事の高支持率が続いているが、豊洲移転問題や東京五輪等の問題の方向処理を誤ると支持率にどう影響するのか?

いわば人気は一過性で、熱しやすく冷めやすいといわれている。

当欄NO179はミューヘン、サッポロ、ミルウォーキーCMの文章で、世界のトップリーダーは女性の時代と書いたが、まさか2カ月ほどで、特に韓国でのこの予想が崩れることになろうとは思いもしない状況になりそうである。予想はあくまでも予想なので、どうなるかは分からないし、そのことが良いのかどうかも分からない。

 

日本の人口は、1億2709万5000人で、2010年から96万3000人減少した。人口減少による様々な社会的変化、構造的変化の歪みが表面化し始めている。今のところ人口減は止めようがない。

日本の将来は、地方創生にありと思っているのだが、実に難解である。

実りの秋が続く期待感をもつのは当然なことなのだが、果実を得るためには不断の努力が必要であると。

 

%e7%89%87%e5%b1%b1%e6%b4%a5%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8b%e5%9c%b0%e7%82%b9%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

写真/加賀温泉駅から繋がる片山津温泉への道                             ~紅葉した木々の間を縫って~

=撮影11月6日=

 

2016年11月7日

NPO法人  I  Love加賀ネット                                      事務局長 東川 敏夫

 

コメントは受け付けていません。




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.