NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

事務局コラムNO.201 「備えあれば憂いなしが、備えても人知を超える憂い」

事務局コラムNO.201

 

「備えあれば憂いなしが、備えても人知を超える憂い」

 

季節の変化は何と素早いものだろうか、9月の中旬、七十二候「玄鳥去(つばめさる)」

灼熱の嘗てない気温の上昇連日の35℃越で、今年ほどクーラーの頻度が激しかった年はなかった。西日本は、特に近畿圏内は暑さに閉口しながら、6月に大阪北部地震。7月に台風が近畿を直撃し、連日の激しい記録にない洪水に見舞われた。その最中に筆者は住居移転をすることになる。そして追い打ちは台風21号が近畿を直撃する。とてつもなく記録的な雨と暴風に、関西国際空港は機能不全に陥ちいり、地盤沈下や交通機能のマヒの全面回復にはまだ時間を要する。

 

地震や台風、災害に対する意識は強く、対策や訓練もやりながら、震度7の地震には為すすべもない人智に歯痒い思いがする。大阪北部地震の対応は、筆者の住むマンションの対応は素早く、日頃の訓練も生かされたと思っている。23年前の阪神淡路大震災を体験した居住者にとっての地震の恐怖はトラウマ的になっている。少しの揺れにも敏感に反応する。

 

これでもかこれでもかと、台風の連続。台風21号は近畿直撃し、これも大きな爪痕を残した。北海道担振東部地震は震度7で、激甚被害である。山崩れや生き埋め、想像を超えた山崩れの様相のニュースには絶句するしかなかった。そして停電、ことに停電は広範囲であり、深刻である。近畿地区を襲った台風21号は停電が大きな問題となっている。都市機能にとって停電状態はまさに暗黒であり、生活における影響は大きい。

 

山崩れ地裂け人哭く鶏頭花  (鳶)

天地をご破算にして野分去る

獰猛の天気の安否列島秋

 

大阪北部地震から3か月、日本列島は豪雨、台風が相次ぐ被害、新聞、TVでは「情報難民」の言葉が連日伝えられる。停電影響が大きく、スマホの充電は車からやりましたとか、電気製品は使えず大変な生活であったとの報道である。情報が社会生活に切っても切れないものであればあるほど、進化すれば尚更のこと電気(エネルギー)は重要であり、原発の稼働の慎重ではあるが、安全で、生活の基盤であることに、この災害では特に考えさせられたことである。備えあれば、憂いなしは、備えていても自然ははるかに人間を超えて試練を与えてくれる。

 

2018年(平成30年)9月20日
NPO法人I Love加賀ネット                                                  事務局長 東川敏夫

 

コメントは受け付けていません。




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.