第31回 五木寛之著「下山の思想」 シリーズ(2)

「柴山潟周回廊計画」進行

 「 I  Love加賀ネット インターネットラジオ局」 只今計画準備中! 

 

  

夕陽の思考

 

戦後50年ほど登りが続き、頂上に10年程度留まったものの、現在は下りの最中との認識を示しています。老いは、夕陽の美しさであり、そこにもまた、豊かな完熟期としての素晴らしさがあります。

 

国の歴史も同じ。明治維新から150年、日本は老年期に達しようとしています。だからこそ、今後はこの高齢の豊かさを意識しなければならない。

 

 

2012年2月5日NHKスペシャルをご覧になった方もおられると思いますが、

 

「天空の棚田に生きる」~秘境 雲南~

 

中国雲南省の山岳地帯に驚きの風景がある。険しい山肌に延々と連なる無数の水田。何万本もの畦の曲線が網の目のように重なり、稲穂の絨毯が波打つ。

 

「紅河ハニ棚田」総面積5万4千ヘクタール、国連食糧農業機関が世界農業遺産に認定した「世界最大の棚田」標高1800メートルまで切り開いた天空の棚田。

 

世界一の棚田を、1300年間かけて築き上げてきたのは、少数民族ハニ族の人々で奥深いこの地に辿りついた。気の遠くなるような労力で山肌を耕し、今日を生き抜いている。

そこには近代的技術や通信技術や金融経済などは必要としない歴史や生活がある。チベット文化や自然と対峙する歴史の息遣いが感じてなりません。

 

成長神話が崩壊し始めている世界の中で、むしろ、最も人間らしく生きているのではないでしょうか。ブータン国の幸福度は、生きるための幸福度であり、その土地の歴史、文化の中で育み、継承されているのではないだろうか。

 

気になるのは、子供たちや青年、そして30歳代~60歳代の働き盛りの人たちのことです。

 

下山の思想の中で高齢者たちの今後の生き方は理解できても、それを支える人たちに負担をかけることは許されないのではないか、と思っている。

 

 

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

         柴山潟や白山、そして自然に恵まれた環境の中で、歴史や文化、教育を

         次世代の人たちに継承していってもらいたいと思っている。

         だからこそ、少しづつでも継続して、労力を惜しまない計画と実践が必要

         不可欠なことだと思っている。       -次回最終回・2月28日(火)掲載-

     

 

~白山を彼方に仰ぎ見ながら少女たちが憩う~

2010年5月石川県能美市寺井町(茶わんまつり)で

(写真 : I Love加賀ネット)

 

 2012年2月21日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫