第 100回 心より感謝を込めて100回目

つなげる――「柴山潟桜周回廊プロジェクト」―― つながる

自然環境の保全を図る活動 I  Love加賀ネット

学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動

 

 

        昨年11月からスタートして、100回目を迎えることになりました。

        ご愛読頂きまして感謝申し上げます。

 

毎週火曜・金曜の2回掲載1年48週間で96回に到達する。思えば、連載を続けていく忍耐力は我ながら相当なものだと思っています。またこの間に毎週発行する別物48回を書いておりました。正業としていない唯単に書く事が好きな素人ですから、読みにくい文章や、理解できないことなど反省すべきことは多々ありますが、ご容赦頂ければと思っています。

福岡・柳川市、四国・四万十市、京都市、若狭・小浜市、石川県もとより加賀市を始めとし、行政の皆様のご支援をいただきました。また、美術館、公益財団等、収蔵の貴重な資料写真を快く許諾いただき感謝申し上げます。

また、民間企業におきましても快諾いただき且つ様々にまつわる話を聞かせていただきました。できる限り現地取材を通して書いたものです。当会の会員の方々にもお願い致しました。

 

【誠にありがとうございました】

 

 柴山潟~白山の夜明け 

【写真/潮津 保=北國写真連盟理事=】

 

=掲載記事抜粋=

NO  5 「レディ・カガ」

NO  7 「金沢競馬場」吉原騎手写真提供

NO20 KAGA旅・まちネット「那谷寺」写真提供 ㈱加賀市観光交流機構

NO20 伊丹酒製造元「大和田屋」ラベル写真 山口高正氏

NO21 「橋立北前船」写真提供 ㈱加賀市観光交流機構

NO23 「全昌寺と長流亭」写真提供 大聖寺観光協会 

NO27 「柳川の雛祭りさげもん」 柳川市観光協会、 NPO法人 歴町センター大聖寺

NO28 「あんぱん」 羽咋市 ケーキ・ホームベーカリーモリモト

NO29 「花菜」 社団法人京ふるさと産品協会「さいさい京野菜倶楽部」

NO35 「若狭のお水送り」写真提供 福井県小浜市役所、神宮寺

NO42 「長谷川歌川女」 三國龍翔館

NO59 「松任のあんころ餅」圓八

NO60 「歌川女と三國酒饅頭」にしさか

NO61 「加賀の書家・田島方外」加賀市美術館・加賀市総合サービス㈱

NO64 「加賀の柿の葉寿司」写真提供 石川県健康福祉部健康促進課

NO67 「蕪村の眠る金福寺」NO82資料写真提供 金福寺

NO78 「上島鬼貫と柿衞文庫」資料提供 公益財団法人柿衞文庫

NO79 「加賀、越前の三大女性俳人」資料提供 公益財団法人柿衞文庫

NO84 「絶滅危惧種トモエガモとラムサール条約登録」写真提供 日本野鳥の会

         加賀市片野鴨池観察館 潮津 保氏(北国写真連盟理事)

NO85 「蕪村と月渓」 資料提供 公益財団法人柿衞文庫

NO96 「仮名手本忠臣蔵」資料写真提供 国立文楽劇場

NO97 「深田久弥 山の文化館」写真提供 加賀市大聖寺

NO98 四万十川・岩間沈下橋 写真提供 四万十市役所

【児童文学】曽根広雄著 「大自然の懐に抱かれて」

      NHK山梨放送局

【写真提供】中村愛都美氏、東 亜沙美氏

【絵画】長谷川 清氏(一水会会員、日展会友)

【資料】図説かたやまづの歴史 片山津町:かたやまづ歴史編集委員会

【新聞記事】北國新聞、読売新聞、産経新聞

【協力】中谷宇吉郎 雪の科学館

 

 

中谷宇吉郎 雪の科学館

【写真/潮津 保 =北國写真連盟理事=)

 

 何をおいても「柴山潟桜周回廊プロジェクト」を入れなければなりません。

 

      

 北國新聞より

 

*         *         *

 

「柴山潟桜周回廊プロジェクト」と「柴山潟のラムサール条約登録」は密接な関係にあります。自然環境美化・保全、ふるさと片山津・柴山潟の想いが詰まっています。100回を書くに当たり、毎回のタイトルは異なっていても、NPO法人I Love加賀ネットの役割とは、を問い続けていきます。そして、どうすれば集客やまちづくりに貢献できるか、歴史や文化、教育を通して若い人たちの将来につなげていくことができるが、このコラムの基本であり、根底であります。

 

  

  加賀市 片野鴨池観察館の池

【撮影/筆者】

 

 

こうして、一年間の短い期間においてでも様々な人々のご協力をや支援をいただきながら大きな広がりを見出すことができました。人の「絆」が繋がって更に信頼につながることを心から願っています。

 

節目の100回となりなりましたが、今後も様々なテーマを書き続けていくつもですが、その回ごとではなく、連鎖的な流れの中で方向性や行動を見ていければ幸甚とっております。

 

 

                                      

  2012年12月4日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫