第103回 平成24年大晦日

~柴山潟・白山~

【撮影/潮津 保 =北國写真連盟理事】

 

押し迫った12月に入り、中村勘三郎さん(歌舞伎界の大看板)12月5日、小沢昭一さん(民衆芸能やラジオ「小沢昭一的こころ」1万410回放送)12月10日、米長邦雄さん(日本将棋連盟会長、永世棋聖、北陸先端科学技術大学院特任教授)12月18日、その道のプロの中のプロが亡くなった。(合掌)

 

小沢昭一さんのこと

小沢昭一さんは、変哲の俳号で句作を楽しんだ。「俳句で綴る 変哲半生記」は12月24日

発売で、小沢さんの遺稿となってしまいました。小沢昭一的「新宿末広亭十夜」は可笑しくて、洒脱で、大衆芸を愛するその道のプロであることを感じさせてくれました。

映画今村昌平監督の「エロ事師たち・人類学入門」などは小沢昭一さんしかできない演技(というより芸)でありました。

大道芸や露天商、見世物小屋などの記録や名もない人々が放浪しながら、食べていくための「地べたの芸」等研究者としての業績に朝日賞が贈られた。(朝日新聞「天声人語」より)

東京やなぎ句会(主宰入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純一、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武他)永六輔さんや桂米朝さんらと楽しんだという。桂米朝著「桂米朝句集」の中にも触れております。句会は楽しくわいわいとやる方が良いのではないかと思います。

 

  「手の中の散歩の土産てんとう虫」 変哲

  永六輔さんがラジオで紹介された 「退院の一歩一歩の落ち葉踏む」 変哲

  「うちの子でない子がいてる昼寝覚め」 桂米朝

 

*        *       *

それぞれの大晦日

今年も友人宅で餅つき大会に孫と出かけた。今年も一石をついたようだ。(一石は10斗、100升、大人一人の一年間分の単位として換算)30日は友人宅の恒例行事となっている。

 

     

                                    

     

・     ・     ・

年末の大阪梅田

   

阪急百貨店がグランドオープンされた年末。食料品売り場は長蛇の列。忙しなさがなんとなく伝わってきます。毎年ショーウィンドウには雪が降る。年末年始は生花で正月を飾る。

阪急百貨店の門松が豪華で立派なものであります。

【モチつき・大阪梅田 撮影/筆者撮影】

 

 

松井秀喜の引退

熱烈な松井フアンの筆者にとっての引退会見は辛い出来事でありましたが、松井秀喜の「プロの道を退くことの潔さ」に感服せざるを得ない。人として、男として、プロとしての決断する勇気は流石である。ヤンキースとの「一日契約」でヤンキースを退団することになるヤンキース球団の粋な計らいにも拍手を送りたい。

これも松井秀喜の徳のある人格者であるからにほかならない。「松井監督」で日本球界をリードして欲しいと願っている。

日本プロ野球を松井秀喜がメジャーに行って以来TV観戦をしたことがなかったが、監督で復帰すれば再度観戦しようと思っている。

見苦しい国会の政争と無責任さに呆れ果て、自己保身のための言い訳と、嘘の連続では国民の信頼を得ることはできないのは最もであり、大勝した自民党には反面教師として国民の信頼得る政治をお願いしたい。それが道である。

 

自ら進んでいく道は自分でしか決められない。この年齢になっても迷いながらも日々の進むべき道を探索していく。プロの道を歩んできた前述の人たちの偉大さが殊のほか大きく感じる。この一年を振り返ると様々な事に挑戦しながら跳ね返されたり、認めてもらったりの繰り返しでありました。一筋縄ではいかないことも多く、道を極めることは大変なことであり苦労がつきものである。だからこそプロとして成り立つのではないでしょうか。

 

●松井秀喜ベースボールスタジアムホームページのアドレスは⇒www.hideki.co.jp/

 

 

*        *        *

 

中谷宇吉郎 雪の科学館 【建設(設計)磯崎 新】

                ~朝日と中谷宇吉郎 雪の科学館~

               (撮影/潮津 保 北國写真連盟理事)

 

 

一年一年が重くなってきている年齢になり、充実した緊張感のある日々にしなければと思っています。巳年は植物が種子が出来始める時期、開花も間近である。

平成25年(2013年)もご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

2012年12月31日

 NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫