第104回 平成25年謹賀新年

 

 

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

「白山」日の出

【撮影/北國写真連盟理事 潮津 保 = 加賀市潮津町在住】

 

     

平成の年も25年、四半世紀を迎えることになりましたが、平成不況からの脱却を安倍晋三新内閣は実現してくれるのでしょうか。昨年末から、円安基調と株価が上昇し、安倍新内閣への期待感と人気の連れ上がりであります。

日本の家電業界は深刻ですし、雇用への期待は薄いような感じを持っています。

原発稼働や政党乱立ばかりが注目された総選挙でしたが、消費税増税や雇用や景気対策が論点にならなかったのか、論点に持ち込まなかったのか残念であります。国民の大半はデフレ不況を克服し、国民への豊かさの分配を臨んでいる。

 

平成12年は世界のトップリーダーが変わると以前かきましたが、主要国のリーダーが決まり、新しい世界の秩序と平和が今年からスタートする。

日本は安倍晋三内閣、米国はオバマ大統領再選、中国は習近平、韓国は女性大統領の朴槿恵、北朝鮮は金正恩政権。日米関係、日中関係、日韓関係、日朝関係と日本の舵取りは難しいと思われます。日米関係を更に深化する方向で且つ強靭体質を作ると明言している安倍内閣に期待と不安が交叉する。

巳年は種子が開花していく年といわれ、25年の永きにわたり埋もれていた日本経済や社会環境が豊かな社会に変化していくものと期待したい。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                                                                                                   

   

 

NPO法人I Love加賀ネットも5年目に入り、節目の年でもあります。

 

【桜・書 東川 貞雄氏】

 

当会が目指す、「地域に根ざした社会環境や自然環境保護、歴史・文化・教育などの向上、街づくりの推進」を地域の方々と一致協力しながら、オール加賀を基礎として飛躍していきたいと考えています。

情報発信は故郷を「想い」そして「考える」「行動する」を反映させていきたいと思っています。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 【撮影/筆者】

 

 

 

 

2013年元旦

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫