第126回 「論語を読む」(2)

学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動

 

 

「子曰、巧言令色、鮮矣仁。」(学而第一)

子曰く、巧言令色鮮ないかな仁人と交わる場合に、殊更に言葉巧みに飾り、顔色態度をよくして行うようでは、その人がらの中には仁道は殆どない。

 

人との交友関係を持つに、本音でつき合いができる人であって欲しいと思っている。

スマホなどで、ツイッター、フェイスブックからの情報発信や受信の中に、人と人の交流などは存在しないと思っている。酒を飲み、食事をし、又コーヒーを飲みながら会話の中にその人がらを大切にしていくことが、理解を深めていくのではないかと思っている。

事にあたっては誠実に、そして約束を守ることが基本であると。

 

 

「子曰、道千乗之国、敬事而信、節用而愛人、使民以時。」(学而第一)

子曰く、千乗の国を道さむるに、事を敬して信あり、用を節して人を愛し、民を使うに時をもってす。

孔子曰く、諸侯の国を治めるには、心がける三つの重要な事項がある。

第一に治める人が万事を慎重に執り行い、それによって人民に対して信義(嘘いつわりのないこと)を示していくことである。

第二に、すべての経費をできるだけ節約して余裕を生じ、以て人民を愛していくことである。

第三に賦役を起こして人民を使うには、農耕その他の差し支えのない、適当な時期を選ぶことである。

孔子の国を治めるこの三つの事項は、現在の国の在り方の基本ではないでしょうか。

 

 

政府は国民との信義に基づき、国民の幸福のために、国民生活の安定のために努力しなければならない。TPP、原発、消費税、雇用の安定、経済成長など、山積されてる課題に国民の視点に立って真摯に取り組まないといけない。

国の方向を誤らないように願うのみである。

 

 

 

2013年7月26日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫