第133回 「ゴミを減らす工夫を。」

 学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動<定款より>

 

 

 

飽食の時代、そして物があふれている。欧州では食料の賞味期限切れを破棄せざるえないような状況をニュースで報じていた。日本でもコンビニやスーパーで時間によって破棄される食料も多くあるように思われる。一方では食料危機で飢えている国もある。世界はアンバランスな状態になっている。飽食の時代、食糧危機に瀕している国にもっていけないのかと考えてしまう。「もったいない」のではないかと。こうしたことが簡単にいかないのが世界事情なのかもしれないが。知恵と工夫で何ならないのだろうか。

毎週月曜日と木曜日は、ごみ回収日である。ゴミ袋(市指定の袋)を指定場所にもって行くのが筆者の役割である。不燃ごみ、可燃ごみ、プラスチック、缶、粗大ごみ分別されて回収される。(曜日と指定された日に)

焼却灰や不燃ごみ、廃棄物は焼却場から大阪湾沖埋立処分場(大阪湾広域臨海環境整備センター)に運び込まれる。大阪湾フェニックス計画のもとに運ばれる。埋立期間は平成21年より平成33年度(平成40年まで可能となった)、処分場面積約95ヘクタール、処分量約1400万㎥ 大阪湾に埋立地として将来有効活用される予定である。国土交通省から認可されている広域臨海環境整備センター法による、東京、愛知(伊勢湾)については現在は実行されていない。地方公共団体(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山県及び市など)近畿圏の各都市。近畿広域都市の一体化がなければ難しい事業でもある。

 

大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)を見学した。

http://www.osakawan-center.or.jp

DSCF1446       DSCF1450

     大阪湾処理場へ高速艇で                 揚陸岸壁施設

 

大阪基地、堺基地、泉大津基地、和歌山基地から運ばれた焼却灰、廃棄物の陸揚げ地

 

 DSCF1452

大型ショベルカーから大型ダンプに移され埋立場所に搬送。

DSCF1453      DSCF1454

手前が埋立地、外は大阪湾、                         そして六甲の山並み

 

 

DSCF1455 DSCF1456

               浮体台船式排水処理施設(プラント船)

 

日常的に家庭から出るゴミ、産業廃棄物の最終処理場が、この大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)である。見学をすることにより、少しでも家庭ゴミを減少させる工夫をするべきであると感じる。大量のごみを減少させていく為の意識変革が求められている。

高度経済成長の大量生産、大量消費、そして使い捨て時代30年間位のの宿題として、今後の大きな課題として残されている。 「やるのは、今でしょう!」

 *                              *          *

 

小泉純一郎元総理は「核のゴミ」について「トイレのないマンション」であると、核廃棄物問題を取り上げている。フィンランドの核廃棄物最終処理場「オンカロ」視察で、使用済み核燃料を10万年も地中に保存する処理策「核のゴミ」は管理不可能であると。

何事も便利に、スピード、経済性を優先してきた、また世界環境の中でのそうした経済効率を優先せざるを得ない状況下にあっては、入口があって出口が見つからないジレンマに私たちは陥っている。

「日本人の優れた大人力」を活かさなければいけない時代でもある。

 

(写真/筆者)

2013年10月8日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫