第167回 「安野光雅展」と「曽根廣雄」

20150825130424151 (1) 20150825130424151 (1)20150825130424151 (1)

安野光雅の世界「少年時代」東大阪市美術センターで8月30日まで開催。

 

安野光雅

1926年(大正15年)島根県津和野町で生まれる。「御所の花」「旅の絵本シリーズ」1968年「ふしぎなえ」絵本界にデビュー  2012年文化功労者に顕彰。

「安野光雅美術館」平成13年(2001年)開館。

http://www.town.tsuwano.lg.jp/anbi/anbi.html

(Web検索してください。)

 ・        ・        ・

曽根廣雄

(1940年~2015年) 石川県加賀市片山津に生まれる。

2002年「捨て猫シロと少年」   2006年「大自然の懐に抱かれて」児童文学(日本図書館協会選定図書)

曽根・大自然のふところに…SCN_0004    曽根遺作画⑪コピー

 

                        愛染寺にて展示

 

・        ・        ・

安野光雅さん産経新聞の日曜日紙面に水彩スケッチを掲載されており、こんな水彩画を描けたら素晴らしいのにと思っていました。この7月18日~8月30日「少年時代」展を鑑賞しに行ってきました。

「少年時代」の遊びや暮らし、ふるさとの行事昔の子供たち。木登りや、海水浴、春夏秋冬の子供たちの生活や、兄弟そして大人。昭和の初期から戦前の生活感を見事に描かれておりました。筆者とは20歳差なので多少異なるにしても、戦後の昭和高度成長期までの昭和の時代はさほど異なるものではないように思われます。

 

 1

4

「安野 光雅氏の許諾済み」転載は不可です

 

・        ・         ・

曽根廣雄さんは、長期にわたり病気と闘いましたが、残念ながら本年亡くなりました。

曽根廣雄さんの児童文学「捨て猫シロと少年」「大自然の懐に抱かれて」の中に出てくる話や挿絵と安野光雅さんの「少年時代」の素晴らしい絵は、ともに昭和の時代(高度成長期に入るまで)を表現している素晴らしいものです。昭和の懐かしさ、温かさ、生活感、行事、子供の遊び、学校、先生とのこと、町や村や大人たちのことなど。安野さんの絵であり、曽根さんの小説であります。その体験こそ少年の原体験であり、故郷であります。

 

時代が変わったとはいえ、子供たちはゲーム機やスマホからゲームをしたりすることが遊びの中心になってしまっている。手塚治虫さんが小学校の時に昆虫(かぶと虫、蝶、その他の昆虫を)観察し、描いている昆虫ノートを見ると天才たる事が理解できます。

手塚治虫さんも1928年(昭和3年)生まれ。何もない、皆が貧乏で、食べることに精一杯の生活の中に、明日の夢があり、希望があり、期待があり、子供同士の友情があり、親と子の関係が温かく、兄弟の信頼も厚かった。こうしたことは、決して懐古的と片付けてはならないことである。人が生きるための本質がそこにあるような気がします。

 

物があり、豊かになり、経済優先の平成の時代が日本人にとって幸福なのでしょうか。子供たちの夢もグローバルにならなければならないのだろうか。

多くの子供たちの事件があり、社会の歪みが表面化してきているように思えてならない。

暴力、殺傷、いじめなどが増加して歯止めが掛らなくなってきていることが深刻である。

 

戦中、戦後に子供時代の世代は、まもなく戦後の団塊の世代の人たちに飲み込まれていく。

「花火がうるさい」「盆踊りがやかましい」、「幼稚園がうるさい」などの大人(老人)がいたりして、どうも「寛容」の気持ちが欠如していたりする。「高速道路をUターン」したりで、ともかくこうしたことはわがまま勝手な老人が多くなってきたということなのかもしれない。頑迷さが甚だ迷惑だと云えなくもない。自分は決してそうではないと思ってはいるのだが。

 クワガタ

 

2015年8月28日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫