第173回 「ガンバレ!ガンバ大阪」

 

七十二候 魚上氷(魚ひに上がる 川や湖の氷が割れ、魚が間から飛び出す)暦では春。

寒さはまだまだ残っているが、2月14日(日)大阪は20℃を超え、全国的にも17℃など、春一番と6月上旬の気温でした。

ガンバ大阪の本拠地となる吹田市立サッカースタジアムの ガンバ大阪×名古屋グランパス戦のPanasonic capこけら落しに行ってきた。

吹田市立サッカースタジアムはモノレール万博公園駅から徒歩で10分位のところにある。万博公園駅を降りると太陽の塔(岡本太郎作)を正面に観ながら、太陽の塔は万博のシンボルとして50年たった現在、偉大に且つ新鮮に感じられるのは、天才岡本太郎の真骨頂であろう。

 

 DSCF6455

 

 

昨年オープンした日本最大級といわれているエキスポシティーを超えて広大な駐車場のその先にあり、サッカースタジアムが見えてからもかなりの距離がある。              吹田市立サッカースタジアムは、寄付金で建設された日本初のサッカースタジアムです。収容人員40000人、この日は35271人の入場者数でチケットは完売状態だったようです。総工費150億円、助成金等で20億円、その他は一般寄付及び企業寄付で130億円。ガンバ大阪のホームスタジアムとして利用され、地域の方の利用や様々な大会に利用される。完成後は吹田市に寄贈されるとのこと。観客席とピッチが近く、観戦しやすく、サッカーの興奮度を体感することができました。国際基準を満たした競技場として、大阪南は長居競技場と共に北は吹田市立サッカースタジアムとして期待が膨らむ。ガンバ大阪 頑張れ!

 

DSC_0183 (2)  DSC_0188 (2)

 

DSC_0185

 

                            【撮影/筆者】        

*           *           *

 

NHK朝ドラ「あさが来た」で五代友厚の人気がウナギ登りであるが、五代友厚の大阪に向けた情熱は生半可ではなく、大阪商工会議所、大阪証券取引所、大阪商船、など大阪経済再建のために尽力した。五代ウォークなるコースもできているようです。

大阪中の島には建築家安藤忠雄氏提唱の「桜の会・平成の通り抜け」桜1000本を、大阪府下3000本を植樹。寄付金額は4億5400万円を超えた。大阪万博から50年の歳月の中でも、昨今特に大阪を再度復興させるという思いが強いのは、当然のことかもしれない。国の最大の施策は「地方創生」です。人口減と高齢化が始まっている中で絶滅地方都市が全国にあり、事実として重く受け止め、一日でも早く様々な手立てをしていかなければならない。そのための工夫と実行力が必要である。

吹田サッカースタジアムの誕生が動線となり、今後にもたらす、「甦れ!万国博覧会」の再来に結びついていかないかと期待している。                               

*            *           *

今週2月20日(土)は当会主催 野村総合研究所 未来創発センター戦略企画室 上級エコノミスト「佐々木雅也氏の経済講演会」です。

          EPSON MFP image

EPSON MFP image

 

 2016年2月17日

NPO法人  I  Love加賀ネット事務局長

東川 敏夫