第24回 歴史に学ぶ「柴山潟〝桜〟周回廊計画」

「柴山潟〝桜〟周回廊計画」進行

「 I  Love加賀ネット インターネットラジオ局」

計画準備中

 

壮大な想いは必ず実現する

 

京都・宇治にある黄檗宗万福寺は、1645年(江戸時代)中国福建省から渡来した隠元禅師によって1661年に開山した。

 

鉄眼禅師は隠元禅師から中国で出版した一切経の原本を与えられ一切経出版の生涯の事業に取りかかるために全国、津軽から薩摩まで喜捨の旅に出る。

 

大阪では大洪水、近畿地方では大飢饉と度重なる被害に直面し、その都度民の救済に資金を投げ出した。三度の資金集めの旅でやがて資金も集まりました。それは着手から10年の歳月が流れておりました。初心貫徹、一切経の全六千九百五十六巻の出版を成就した。

 

この一切経は木版印刷が用いられており、版木は六万枚にも及んでいます。材料は版木として最適な吉野山の桜の木を用いています。そして現在の新聞活字に使われている明朝体は、この版木が基になっているといわれています。

 

この歴史には重要なことがあり、数多くのことを学ぶことが出来ます。

 

         ●仏教の百科事典というべき一切経を後世に伝えなければ為らない

           不撓不屈の強い意志が伝わってくることです。

         ●一切経を生涯の事業として喜捨を実行したこと。

         ●二度の災害や飢饉に直面し、その資金で民を救済としたこと。

         ●吉野山の桜を用いたこと(版木6万枚) 拠出した吉野山(当時の管理

           は解らないが)それもまた感動する。全国的に知られるソメイヨシノは、

           現在も吉野の山の桜は満開になっていること。

         ●400年前に為された事業が現在も脈々として継承されていることに

           大きな偉業であります。

 

柴山潟桜周回廊計画を考えた時に、趣意書の中で書き起こしたもので2010年5月のことでした。

様々な問題点などを抱えながらも乗り越えていく強い意志をもって、ようやく、3月18日に第一期植樹を実施することになりました。この事業は5年、10年と継続して行く事業です。

 

新聞記事 

 

 *     *     *

 

中谷宇吉郎 雪の科学館の〝桜

写真:潮津 保氏

(北國写真連盟・常任理事加賀支部長)

 

 

柴山潟~白山の自然を「宝」に、日本の〝心〟サクラを添えた癒し空間を目指し、

 「柴山潟周回」計画は

     環境保全と言う大きなテーマを基に

         加賀の観光、周辺地域の街づくりに貢献できるものと信じてやみません。   

 

2012年1月吉日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫