第85回 蕪村・月渓展を見る

●学術、文化、芸術、またはスポーツの振興を図る活動<当会定款より>

 

 

 おしろい花が濃い紫や白く咲き始めて、ほんのりと香りを漂わせている。秋の草花が

 咲き始め色彩が心を癒してくれるようです。

 今年の冬は暖冬の気象庁の予報です。秋が短めで、冬も雪よりも雨の日が多いという。

 エルニーニョ現象のようです。

 

 

トモエガモが絶滅危惧種と前回書きましたが、このところ新聞紙上で記事を拾い上げるとコウノトリ、トエガモ、雷鳥、ニッポンカワウソ、ウナギなど毎日とりあげております。

人ができる自然環境保護とは人工的破壊をしないこが基本であろうが、自然を守るという意識と根気のいる地道な努力と時間ではないでしょうか。

 

 

 俳画の美「蕪村・月渓」展を観に伊丹市・柿衞文庫にでかけました。

 秋季特別展 岡田柿衞没後30年で、記念講演会も開催されます。

                                      (別紙リーフレット参照)

 

 

すぐれた画家であり、俳諧の天才「蕪村」。その蕪村に学び、俳画で認められた月渓(のちに呉春)ユーモアと機知と英知は蕪村の俳句とともに一体化した創造力は、やはり人を魅了する。

平成15年に逸翁美術館・柿衞文庫「蕪村没後220年」を逸翁美術館で鑑賞した。

逸翁美術館は大阪府池田市(阪急グループ創始者 逸翁小林一三コレクション)にあります。池田の清酒「呉春」は月渓(後の「呉春」)の名前から取られたものです。

 

 

    

                     「台柿」                        【筆者・撮影】

 

 柿衞文庫の庭は、鮮やかでおおきなオレンジの柿をたわわに実り始めていた。

写真の柿は伊丹の酒「老松」の名水の横の小さな柿の木に大きく実った柿です。まだ青くオレンジ色に熟するにはそう時間がかかることはなさそうです。

説明によると「台柿」といって伊丹地方が原産。江戸時代に頼山陽が名付けた貴重な柿といてあった。

 

 

=蕪村・月渓展 =  伊丹市・柿衞文庫で9月22日から開催中です。

 

 

【柿衛文庫掲載許諾済】

 

 

 物事の一つを追っかけるのは楽しくもあるが、極めるまでにはいかない。

 この先をどのようにするかで、プロとアマの差がでてくるのではないかと思っている。

 

 

 

2012年9月28日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫