NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第57回 節電の夏(2)

 つなげる――「柴山潟桜周回廊プロジェクト」―― つながる

 

 

今夏、工夫して乗り切ろう!

 

昭和48年、高速道路の電照広告の明かりが消え、テレビも23時以降の深夜放送が休止された。民放キー局5社が深夜放送を自粛した。トイレットペーパーや洗剤(トイレットペーパー騒動)、デパートのエレベーター運転中止など社会現象が発生した。鉄道各社はクーラーを弱冷房車にしたり、窓開放をしたりしたものです。紙資源の不足から週刊誌や漫画雑誌のページ数を削減した。新聞も頁数を減らして発行した。

 

   経済には大きな痛手にはなり、家庭も我慢が強いられたものです。それが所謂オイ

   ルショックです。

 

関西電力のこの夏の15%節電計画が論議を呼んでいる。28年前にオイルショックを体験した世代は、15%節電は難しいとは思っていないし、原発稼働の結論を議論することで安全、安心が担保されるならば、今年の夏を工夫して乗り切ることは可能であると思っています。

 

20年に及ぶデフレ経済の中で苦しんでいる経済界にとっては更なる打撃になるのは事実ではあるが、オイルショック当時のことを考えると、オイルショックは謂わば突然の事態でもあった。そうした緊急、且つ緊迫の中で企業人、家庭も工夫をしながら乗り切ったことを考えれば、原発稼働には時間をもっと費やしても良いと思っている。

 

新聞紙面を見ても、テレビ局からもましてやNHKからも深夜放送を休止しますとも聞かないし、新聞社からも「原発ゼロ稼働による」原発論議が記事になっても、何か他人事のようなことしか見えない。そうした意味からは、鉄道事業会社は比較的冷静に見ているように思われる。8%節電に対応して「間引き運転はしない」など、実質本位で対応しているように思われる。

 

過激的に言うならば、低俗なテレビ制作番組の中止、深夜放送(テレビショッピング等を含め)の短縮などを情報発信する新聞社やTV局が率先して実行していくとその深刻度合が伝わってくる。表面的な情報の垂れ流しは止めて欲しいと思っている。

 

第53回「節電の夏」でも書いたが、夏を乗り切るための工夫は色々とあります。扇風機、扇子、団扇、蚊帳、一昔前の生活に戻ってみたら如何でしょうか。汗をかき、水を飲み、夕涼みや花火を子供たち楽しみ、縁台で将棋や囲碁を楽しむ時間があっても良いのではないかと。

 

 

涼 感 を … 

 

 

【写真/福井県越前町 陶芸村広場】 撮影 2012.05.27

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2012年5月29日

NPO法人  I  Love加賀ネット

事務局長 東川 敏夫

 

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.