NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第107回 I Love加賀ネット例会に参加して

 

 

テーマが若い力とベテランの思考、「智恵」とゆうテーマで小生の想いを、のべさせていただいた。

 

 デジタルとアナログの時代をどのように生かす点では七輪と電子レンジ

 

 電子レンジは便利で楽であり、重宝な機器であるが、七輪も、懐かしさ、レトロ、昔のよさが見直され現代風にアレンジして活躍している。

同じ様に、人力車も、観光地の巡回用、無公害車として活躍。 蒸気機関車もレトロで活躍。昔の良い物、良い習慣を若い人達が、今風にアレンジして、味付けをしいく、根性であり、乾いたタオルを絞って絞って智恵を出すことであろうと。

 

                        

                                     大井 信夫氏

 

当日、片山津の街湯に行くために、街中を巡ったが、ホテル、旅館の駐車場は綺麗に除雪され、除雪された雪は、邪魔もの様に片隅に山のように積んである、雪と共に暮らす北陸の人間は、雪をプラス思考にしなければならないのである。

 邪魔者(物)で 雪だるまを作り、歓迎、いらっしゃい、などの旗など立てて、お客様を歓迎しても、コストはかからないだろう簡単なもてなしだと思う。

 

また、雪、雨、で 靴の中が濡れることがあるが、靴を脱いでの、ある居酒屋で、濡れていたので、乾かしましょうかと、テッシュペーパーを入れてくれたのである、しかし、小生は断ったのである、

テッシュは水分を吸ってくれるが、カスが靴に付いてしまうのである、だから、新聞紙をクシャクシャにし、丸めて入れてと、その方法が、水分を良く吸い取り良いのだと教えてあげたが、それは、昔からの智恵である。

 

そのサビース、心配り、は大切なことではないか、

方法を間違えると、迷惑になるかも、そうかと言って、電気乾燥機でやられても、何の気持ちも、感動もないのでは。

 

 

 

 

コーヒーを一杯飲む、出で来る時、お待たせいたしました、と、置いていく、その時点で、サービス、もてなしの心の差を感じるのである、私の淹れたコーヒーは、今日は、寒いので少々愛情を入れました。器をお客さまの洋服に合わせました。

午後なので眠気、少々濃いめにしました。

などなど、心のこもった、言葉が必要ではないかと、お客様、お金を、頂くとゆうことを、忘れてはいけないと感じる事がある。

 

 

      

 

                                                    25.1.19

   大井信夫 

   (福井市在住)     

 




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.