NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

事務局コラムNo206 大阪光の競演

大阪光の競演(https://www.hikari-kyoen/midousuji/)は御堂筋イルミネーション2018

 

梅田から難波の全長4Kmを光の道として10年。年末の楽しみの一つでもある。大阪城を借景にした大阪城イルミネーションや、ドイツ クリスマスマーケット大阪2018は新梅田スカイビルと今年も年末にかけて年季が入ってきた。大阪の夜の観光にも大阪府や大阪市は力が入っている。

 

大阪を訪れた外国人は、平均24%増と増加率は世界一になり、訪日外国人のうち87%が観光客だという。平成29年日本を訪れた外国人は2800万人(30年は3000万越)のうち大阪は1111万人を突破した。(今年は1300万人超と報じられている)中国、韓国などアジアからの観光客が大阪に注目しているのは、LCCなどの格安料金や近距離なども大きい。

民営化された大阪メトロ(大阪市地下鉄)の乗降客を日々見ていると良くもわかる。地下鉄車内でも中国語や韓国語が飛び交って、日本人は黙ってスマホに見入っている。大きなトランクや荷物も平気である。大阪メトロはどの駅もトイレは素晴らしく綺麗で、おそらく世界一であろう。また大阪の主要駅はJR・私鉄も同様である。標識や表示看板も英語、中国語、韓国語、日本語の4か国語が表示されている。本日付けの新聞の投稿記事で、英語表示のみで良いのではないかという意見も書かれていた。当コラムNO204で大阪万博のことを書きましたが、こうした外国人を受け入れるだけの観光文化、そして関西圏での歴史、芸能、更に教育、医療、健康(長寿)万博のテーマを背景として万博が決定したことは喜ばしいことだと思っている。

 

大阪の人気スポットは①道頓堀②大阪城③USJがベスト3で、日本橋、観覧車、馬田スカイビル空中展望台、通天閣、海遊館と続く。グルメは①ラーメン②寿司③たこ焼き④てんぷら⑤焼肉⑥お好み焼きが外国人観光客の人気順である。

2025年大阪万博に向け、更にIR誘致など良いことばかりが目についているが、こうした花火が打ち上げられることに、財政の心配を警鐘するという人もいるが、最もでもある。地盤沈下した大阪経済の浮上は悲願でもある。昭和の後半から本社機構が東京に移っていくことの経済の惨めさを知っている者としては、活性化していく大阪に大いに期待している。

 

  

                                 

                                          

2018年 (平成30年)12月24日                                                                                                             NPO法人I Love加賀ネット                                                                                            事務局長 東川敏夫

 

コメントは受け付けていません。




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.