NPO法人「I Love 加賀ネット」は加賀の発展と心豊かなまちづくりの為に活動する団体です。
> top     > ブログ

「I Love加賀ネット」ブログ随時更新中です。

第98回 中高年が夢を語り、若者の夢を支える町へ

自然環境の保全を図る活動 : I Love加賀ネット

 

 

   

      黒木 克史

 

 

今、「遅咲きのひまわり」というテレビドラマが放映されていて気に入って観ている。

高知県の四万十川が流れる地域を舞台とする男女7人の青春ドラマで、物語は生田斗真さん演じる主人公の一人が東京から少子高齢化が進んでいそうな四万十に引っ越し、「地域おこし協力隊」として役場に就職するところから始まる。

 

今の時代を反映し、先が見えてややあきらめの気持ちで生きる、不安定なそれぞれの若者たちを描きながらも、さわやかな、感じのいいドラマである。毎回、四万十の美しい川や山、まさに田舎の原風景の映像があり、それだけでも癒される。

 

 

  

                     四万十川・岩間沈下橋    【写真提供:四万十市役所】

 

 

ドラマの中で少し気になるところがあった。登場人物の若者たちはこのドラマの中で、都会と同じように最先端のスマートフォンを使って連絡をとりあっているではないか。当然パソコンでメールもチェックする。一瞬、大自然の映像とのギャップに違和感を覚えたが、考えると四万十は有名な観光地なので当然である。

 

自然の豊かさでいえば石川県も高知県に負けていないが、ご多分に漏れず少子高齢化が進んできた。人がきちんと「手入れ」をして綺麗な景観を維持していこうという「能登の里山里海の再生」の取り組みがある。自然を観光資源とする能登においても若者にとって魅力ある町にするには、豊かな自然だけではなくある程度の便利さは必要であろう。

 

 また、加賀に於いては「柴山潟~白山」の美しさは誇れるところ。片野・鴨池に飛来する渡り鳥が、柴山潟周辺の田んぼで餌を求める姿はテレビや新聞でも良く見る風景である。ラムサール条約に認定されている片野・鴨池湿地帯と並んで、柴山潟も2年後のラムサール条約認定を目指していると聞く。

 

 

         

     白米千枚田(輪島市)             柴山潟のコハクチョウ(加賀市)

【写真提供:金沢観光情報(きまっし金沢)】    【写真:潮津 保(北國写真連盟理事)

 HP きまっし金沢http://kimassi.net

 

 

*          *          *

 

 

今夏(平成24年7月)白山登山と御池めぐりをした。森林限界を超えると癒しの別世界が拡がり、自然に対する畏敬の念と、人が自然の一部であることを思い出させてくれる。
豊かな自然が近くに多くあることが、石川県の最大の魅力である。

 

 

  

白山より加賀市方面を望む。     白山御池めぐり         クロユリ

  雲海の下でした。     

    

 

               

                      御来光(白山山頂より)

 

 

*          *          *

 

 

魅力ある町はインフラも大事だが、中高年が元気であることも大事な要素である。

 

カード会社VISAのCMで、「将来の夢は?」と娘に聞く父親が、「お父さんの将来の夢は?」と逆に聞かれ、「パパはもう…。」と当惑するというのがあった。私なら「お父さんの夢は君が無事育つことなのだよ。」とキザに答えるところだが…。しかし、もし私が自分の父や母に同じ「将来の夢は?」と質問をしたら、自分自身のやりたいこと、やりのこしたことを私に語ってほしいと願う。  

 

~娘に対する答えはもう一度、考え直すことにしよう~

 

 

 

 

ナナです。よくコンピューターのキーボードの上を歩いたりしてジャマをします (でも、可愛いネコです)。

 

 

2012年11月23日

くろき動物病院

院長 黒木 克史

(加賀市作見町)

 

コメントは受け付けていません。




| 会員登録フォーム | プライバシーポリシー

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉11の1番地2 (愛染寺内) Tel 0761-74-1147 Fax 06-6863-0050

Copyright(c)2008 I Love 加賀ネット All rights reserved.